いつから外遊びをする?

風の子おぎゃあ」と産声を上げて、この世に誕生した赤ちゃん。
「一体いつからなら、家の外へだしていいの」って、この間、おいら聞かれたんだ。

おいらの答えはね、生後1ヶ月が過ぎたら、まず、窓を開けて外気に触れさせてあげてよって事。でも30分が限度だし、おいらの父さんが強く吹き付ける日はダメ。太陽の小父さんの光が、直接赤ちゃんにあたったりしないように気を付けて欲しいんだ。だって、父さんも小父さんも強烈だからなあ、パワーが…。

3ヶ月が過ぎたら、外出も大丈夫だよ。お天気がいい日は1日1~2時間を目安に外に出かけてみてほしいんだ。散歩も楽しいけど、つかまり立ちができるようになったら、公園なんかの安全な場所で、赤ちゃんをおろして、少し時間をかけて外遊びを
楽しませてあげようよ。

お母さんやお父さんが抱っこしてブランコに乗ったり、すべり台の途中から赤ちゃんをすべらせてあげたり、砂場に座り込んでじっくり遊ぶのもいいよね。公園のベンチにつかまって伝い歩きをしているだけでも赤ちゃんはきっと楽しいはずだよ。

外遊びをするときは、汚れてもいい服を着せて、汚れを気にしないで好きに遊ばせてあげてね。でも、安全で楽しい場所といっても危険なものが落ちていたり、いろいろな人が出入りしたりする公園だから、赤ちゃんからは絶対に目を離してはいけないよ。赤ちゃんの安全を守るのは、親のつとめだからね。

カテゴリー: そとあそび, 風の子の独り言 — 風の子 11:18 AM