作ることと壊すこと

ヒトがサルから進化したことは今じゃあ常識なんだけれど、どういう違いがあるかっていうと、道具を作ることができるか、できないかなんだってさ。


昔はね、道具を使うか、使わないかって考えられてたんだけど、猿は高いところにある物を取ろうと棒を使えるし、ラッコでさえ貝を割ろうとして固い石を使ったりするから、そうは言えないって事になったらしい。


でも、人間以外に、何かをするために道具を作る生き物はいないんだよね。何か新しいことをするために、その方法を考える事ができるのは人間だけなんだなあ。


風の子こどもは砂場が大好き。まずは砂をさわって、その感触を愉しんで、今度はそれをなんかの入れ物に入れて、こぼす。そのうちに、積み上げて山を作るようになって…とその遊び方を見ていると、誰も教えなくても、どんどん新しい方向に進むんだ。


砂場で山を作る。そこに今度はトンネルを掘る。掘りすぎると山が崩れる。山をこわしてまた作る。作っては壊しを繰り返して、こどもが作る砂山は、どんどん高くて頑丈な物になるよ。


作る事と、壊す事、これって難しい言葉でトライ&エラーっていうんだってさ。こうやってどんどん考えを深めることができるのが人間なんだね。


どんなに作っても、砂場なら自由だし、作った物をどんどん壊しても砂場だったら怒られることもない。繰り返して遊ぶウチに、こどもはどんどん賢くなるよ。外遊びって凄いね。砂場って凄いね、おいらのオススメの遊びだな。

カテゴリー: そとあそび, 風の子の独り言 — 風の子 9:41 AM

ホワイトサンドってなあに?

風の子ホワイトサンドは、オーストラリア、ブリスベンで採れた天然砂から不純物や有機物などを取り除いて、それを400℃の高温で加熱処理して、SiO(珪砂)99.8%に精製した、真っ白で清潔な砂なんだよ。

有機物っていうものがほとんど含まれなていないから、雑菌などが増えにくい。こどもが安心して遊べる砂なんだって。家庭でも使えるし、熱湯消毒をしてから乾燥させることもOK。プールで使う消毒薬で消毒することもできるんだ。


東京の杉並にある「立教女学院小学校」の砂場がホワイトサンドに変わったんだ。この学校の砂場はあんまり広くないから、そこで遊びたいこども達で、天気のいい日は行列ができるんだ。「砂を変えただけでこんなに違う物か?」って、先生達はみんなビックリしたんだって。


そうなんだ、こどもって砂場が大好きなんだよ。山を作ったり、トンネルを掘ったり…。それからそれを怪獣になったつもりで壊したりね。作ったり壊したりがこどもの得意技なんだ。その得意技が、真っ白な素敵な砂で、しかも安心・安全だったら、お気に入りにならない方がおかしいって、おいらは思うけどね。

ホワイトサイドについてはこちらから

カテゴリー: そとあそび, 風の子の独り言 — 風の子 3:36 PM

いつから外遊びをする?

風の子おぎゃあ」と産声を上げて、この世に誕生した赤ちゃん。
「一体いつからなら、家の外へだしていいの」って、この間、おいら聞かれたんだ。

おいらの答えはね、生後1ヶ月が過ぎたら、まず、窓を開けて外気に触れさせてあげてよって事。でも30分が限度だし、おいらの父さんが強く吹き付ける日はダメ。太陽の小父さんの光が、直接赤ちゃんにあたったりしないように気を付けて欲しいんだ。だって、父さんも小父さんも強烈だからなあ、パワーが…。

3ヶ月が過ぎたら、外出も大丈夫だよ。お天気がいい日は1日1~2時間を目安に外に出かけてみてほしいんだ。散歩も楽しいけど、つかまり立ちができるようになったら、公園なんかの安全な場所で、赤ちゃんをおろして、少し時間をかけて外遊びを
楽しませてあげようよ。

お母さんやお父さんが抱っこしてブランコに乗ったり、すべり台の途中から赤ちゃんをすべらせてあげたり、砂場に座り込んでじっくり遊ぶのもいいよね。公園のベンチにつかまって伝い歩きをしているだけでも赤ちゃんはきっと楽しいはずだよ。

外遊びをするときは、汚れてもいい服を着せて、汚れを気にしないで好きに遊ばせてあげてね。でも、安全で楽しい場所といっても危険なものが落ちていたり、いろいろな人が出入りしたりする公園だから、赤ちゃんからは絶対に目を離してはいけないよ。赤ちゃんの安全を守るのは、親のつとめだからね。

カテゴリー: そとあそび, 風の子の独り言 — 風の子 11:18 AM

だるまさんが転んだ

「だるまさんが転んだ」 知ってる???

ジャンケンで負けた人が鬼になって、プレイヤーに背を向けながら「だるまさんがころんだ」って言うんだ。早く言う時もあるし、遅く言う時もあるよ。

鬼が言っている間に、プレイヤーは素早く動き、目的地に辿り着くゲーム。

セリフを言い終わると鬼は振り返り、誰か動いていないかチェックするんだ。

体はもちろん、顔も動かしちゃいけないから、結構むずかしい。

そんな時、ぼくが「ピューーーーっ」と風を吹かせると、子供達がグラグラ揺れるんだ。

「子供は風の子」

僕の風に負けずにいっぱい遊んでね。

カテゴリー: そとあそび, 北風の独り言 — 北風 12:45 PM

押しくらまんじゅうて知ってる?

風の子
寒い、寒いっていってるばかりじゃダメなのさ。それは大人が勝手に思ってるんだ。元々子供は寒さなんか考えない。動けば寒さなんか感じなくなっちゃうんだ。近頃の子供達はもこもこいっぱい洋服を着て、なんだか動きにくくなっちゃてるんじゃないのかな。

前に流行った遊びだけど「押しくらまんじゅう」っていって、みんなが集まって、ただ身体をぎゅうぎゅう押しつけあうだけの遊びなんだけど、これだけでみんなが汗をかくほど暖かくなるんだよ。

外から暖めるんじゃなくて、身体の中から自分でぽかぽかするし、おいらの父さんが吹き出す木枯らしも、冷たいどころか、ちょうどよく感じるんだなぁ。子供はその気持ち、大好きなんだよ。

免疫力と体温の関係

カテゴリー: そとあそび, 風の子の独り言 — admin 2:42 PM